1. HOME
  2. お家造り日記

お家造り日記

雨にも負けず・・・

2011/02/28

本日の道後平は霧に囲まれておりました。
s-DSCN0145.jpg


昨日からの雨で、天気はあまりよくありませんが、そんな中でも工事はどんどん進みます。
s-DSCN0139.jpg

2階の天井はもうボードが張られていっています。
雨が続くと外壁まわりの工事が止まってしまうので、早くいい天気になることを願ってます☆

TOTOさんにて

2011/02/27

先日お勉強会をさせて頂きました。
キッチンやお風呂、トイレなどいろいろなものを省エネであったり、使いやすさ、お手入れのしやすさなどの観点から、商品開発をされていらっしゃるのだなと思いました。


水まわりのお手入れは、排水溝にたまった髪の毛や、水あか、カビなど
言われてみると確かに大変なことも多いように思います。

DSCN0110.jpg
お風呂の排水溝は、髪の毛も簡単に捨てられて、奥まで手が入るのですみずみまで掃除ができます。


DSCN0119.jpg
換気扇は、ファンが取り外し可能なので、自分で簡単に掃除することができます。

上記は一部ですが、他にもお手入れに関しての気配りはたくさんありました。

最近では、誰でも使いやすいつくりの「ユニバーサルデザイン」が主流になりつつありますが、
誰でも簡単に手入れできるというのも「ユニバーサルデザイン」の一環かもしれませんね。

見えないところで・・・

2011/02/25

道後平のモデルハウスは本日も着々と工事が進んでおります。
外部では屋根工事が進んでおり、内部では・・・・

大工さんと同時進行で、給排水の設備配管や
s-DSCN0132.jpg


電気配線が行われております。
s-DSCN0133.jpg

普段、配管や配線をあまり見ることはありませんが、
家の中では見えないところでいろいろな配管や配線が行き来しています。

電気や水の供給に大事な役割を果たす配管・配線は、家づくりの中でも
重要な工事のひとつです。

いよいよ大詰め!

2011/02/22

伊予市のT様邸は仕上げ段階に入っており、塗装、クロス工事が
着々と進んでいます。

s-DSCN0109.jpg
リビングの吹き抜け部分は、通常のハシゴでは工事が困難な為、足場が設置されています。

外部の塗装も順調に進んでおります。

雨じまい

2011/02/21

道後平は順調に工事が進んでおります。
屋根工事も進んでます。
s-DSCN0093.jpg

そして、現場には窓のサッシュ枠が納品されていました。
s-DSCN0091.jpg

少しづつ、雨じまいされていってます。
家に水が入ると、いろいろな場所が痛んだりするのでこの雨仕舞いはとても重要です。

雨仕舞いができないうちは、天気によって作業に影響がでることもあるので、現場でも重要と言えます。
(外まわりはいずれにしても影響がでますが・・・)

まだ、外は寒いので早く雨仕舞いされて、あたたかい現場になるといいですね。

あっという間に・・・

2011/02/20

道後平のモデルハウスは今週はじめにはまだ土台を敷いていたのに・・・・

s-DSCN0067.jpg

一気にパネルが建ち上がってました。
クレーンでパネルをひとつひとつあげていき、それを大工さんが取り付けていきます。


まだ中の階段はないので、はしごで1階と2階を行き来しますが、高いところが苦手な私は
それだけでヒヤヒヤものです(--;)
そんな私の横で、大工さんはひらりと屋根上に登って作業をされていました。
・・・すごい!!

いつか私も屋根からの景色を眺めてみたいなあ〜と思いました。

☆M様邸地鎮祭☆

2011/02/19


本日、伊予市にて地鎮祭が執り行われました。

P1050418_320.jpg

週末のお天気があまりよくなかったので心配でしたが、
青空の下、無事地鎮祭を行う事が出来ました。

今月末には基礎着工となります。

これからの工事も無事に進みますよう、
安全第一で頑張って参ります(*・∀・*)ノ"

開放感のあるキッチン

2011/02/19

伊予市のT様邸。
大工造作が終わり、いよいよ仕上げ工事に入っております。

s-DSCN0076.jpg

大工造作が終わると、中の雰囲気もだんだん明らかになってきます。
窓に向かった開放感のあるキッチンは、お料理するのが楽しくなりそうですね!!

雪!?

2011/02/18

今週月曜日、四国は全体的に冷え込み、各所で積雪がありました。
モデルハウス建設中の道後平でも、月曜日は雪が積もったそうですが、そんな中大工さんたちは作業されていたそうで・・・    寒い中、お疲れ様です。

次の日現場に行ったら地面が白かったので、まだ雪が残ってるのかなと思ったら・・・
s-110215_131001.jpg

大工さんが床に敷く断熱材を切っているところでした(^^;)
s-110215_131022.jpg

根太のピッチにあわせて、切断された断熱材を一枚一枚根太の間に敷いていきます。
私も少しお手伝いさせて頂きましたが、これがなかなかうまくはまりません・・・。

私が一枚の断熱材と格闘している間、大工さんは次々を断熱材を敷かれてました。
次々と進んでいく作業ですが、ひと手間ひと手間大変だなとつくづく思います。

見えない努力

2011/02/14

現場では、出来上がってからは見えない数々の職人さんの技があります。

s-DSCN0055.jpg
↑床材と壁を見切る為につける幅木です。
 無垢の床材だとどうしても小さな段差ができてしまうので、
 (目では見えないくらいの、ちいさなちいさな段差です。)
 一本一本、大工さんが幅木の底を現場にあわせて削りながら取り付けます。


s-DSCN0056.jpg
↑壁と天井のを見切る為につける廻りぶちです。
 形が複雑なので、きれいに角が納まるよう、時には何回も
 削ってはあわせて、削ってはあわせてという作業を繰り返します。

現場で見ているだけの私でも気の遠くなるような作業ですが、この大工さんの努力があるからこそ、
よりいい家が出来上がっていくんですね!

ニッチが!!

2011/02/13

伊予市のT様邸。
階段まわりのニッチができあがってました!!


s-DSCN0045.jpg

あと少しで大工さんの工事も終わり、今後は仕上げ工事に入っていく予定です。
着実に完成に近づいていってますね!

半プライベート空間☆

2011/02/12

昨日、桑原のY様邸にてお引渡しがありました。
外も中も白で統一され、とても素敵に仕上がってました!
お施主様の数々のこだわりが、いろいろな場所で見られます。

その中でも私が個人的にいいなと思った場所が、
こちらの書斎コーナー
s-DSCN0006.jpg

キッチンとリビング・ダイニングにつながってますが、入り口部分以外は壁に囲われていますので、
他のご家族の様子がわかりつつ、ご自分の時間を過ごす事ができますね。

お施主様が、この新しい家でたくさんの楽しい思い出がつくれますことを願っております。

I様邸地鎮祭(*'‐'*)

2011/02/11

宇和町にて、地鎮祭が行われました。

お施主様による、えいっ!という掛け声とともに、鍬入れをしています。
これから、工事が始まりますので、安全第一に!
もちろん、ステキなお家が出来ますよう、スタッフ一同頑張ります!

P1090169.JPG

手すりが!!

2011/02/10

s-201102081422000.jpg
つきました。

これで階段の登り降りがより安全になりました。
てすりと反対側の壁には、色々な大きさのニッチがつく予定です。

まるでギャラリーのようで、階段の登り降りが一層楽しくなりそうですね。
仕上がりがとても楽しみです!

M様邸地鎮祭

2011/02/07

本日、松山市のM様邸にて地鎮祭が行われました。
天候にも恵まれ、とても気持ちのいい中での地鎮祭となりました。

s-DSCN7849.jpg


「えいっ!!」という力強い掛け声でお施主様に鍬入れをして頂きました。
s-DSCN7856.jpg


最後はご家族の皆様での記念の一枚。
s-DSCN7865.jpg


私にとっては入社して初めて担当させて頂く現場となりますので、
気合をいれて最後まで丁寧にお仕事ができるよう頑張りたいと思います。

夏頃の完成が楽しみです。

上り下りが・・・・

2011/02/04

伊予市のT様邸、以前はこんなハシゴで1階から2階へ上り下りをしておりましたが、
s-DSCN7823.jpg


今は階段がかかり、上り下りがとてもゆるやかになりました。
s-DSCN7841.jpg

階段がかかると、空間に広がりができ、吹き抜けがより映えますね。

すきまの使い方

2011/02/03

伊予市のT様邸は外壁工事の方も着々と進んでおります。
外装のモルタルが仕上がった様子↓

s-DSCN7827.jpg

玄関横にはニッチをつくっております。
ニッチとは壁をへこまし、装飾品などをかざるところに使われる場所です。

ニッチは英語で「すきま」という意味もあるそうです。

壁をへこますことで、普段は隠れてしまう壁の中の空間(壁と壁とのすきま)を生かせれますし、
空間に奥行きを感じることができますね。

地縄はり

2011/02/01

本日は今月より着工予定のM様邸の地縄はりに行ってきました。
土地だけの状態から縄がはられると・・・・

s-DSCN7831.jpg
(※わかりづらいですが、白いひもが地縄です。)

実際の家の大きさがわかり、敷地に対してどういうふうに家が建ってくるのか
なんとなく想像ができます。

これから実際に立ち上がっていくのが楽しみです☆